日本植民地教育史研究会

日本植民地教育史研究会のサイトへようこそ。本研究会は1997年3月29日に設立されました。

『植民地教育史年報』投稿要領

2020年度オンライン総会(202061日)了承

投稿要領

  •  投稿の申し込み締め切り日は、毎年7月31日とする(編集委員会必着)。
  • ② 投稿は、葉書、メール、または、ファックスにより、以下を記入の上、編集委員会に申し込む。 名前、標題(30字以内)、区分(研究論文、研究ノート等)、連絡先
  • ③ 申込・提出先(編集委員会)は、研究会事務局に問い合わせること。
  • ④ 投稿原稿提出の締め切り日は、毎年9月30日とする(編集委員会必着)。
  • ⑤ 研究論文等の投稿は、会員に限る。
  • ⑥ 応募原稿は未発表のものに限る。ただし口頭で発表したものは、この限りでない。
  • ⑦ 掲載が決定した場合は、会員である執筆者は、投稿原稿、依頼原稿に関わらず掲載料を支払うものとする。掲載料は以下のとおりとし、本研究会より該当の『年報』を3冊贈呈する。・専任職にある会員:6000円(送料込み)・上記以外の会員:3000円(送料込み)
  • ⑧ 掲載原稿の著作権は、研究会に帰属する。ただし著者は、研究会に連絡して、転載することができる。
  • ⑨ 投稿原稿は日本語によるものとする。

    執筆要領

    •     原稿の分量は次のとおりとする(本文・注・図・表などすべてを含む。分量厳守のこと)。
    研究論文:20,000字
    研究ノート・研究方法・研究動向:8,000字
    旅の記録・研究資料:6,000字
    気になるコトバ:4,000字
    •     投稿原稿等の提出要領(掲載される・されないに関わらず以下の書式によること)

    1. 次の項目を書いて添付する。

    (1)標題・著者名・所属(和文・外国語で表記のこと)、(2)著者紹介(最近の研究業績は2本以内)、(3)連絡先(住所、電話番号、ファックス番号、メールアドレス)

     2.電子データ原稿を原則とする。

     3. 「図表、写真等のデータ」の取り扱い。

    (1)文字原稿データと図表・写真等はデータを分けて提出すること。
    (2)表は、ワードではなくエクセルで作成すること。
    (3)「図表、写真等のデータ」には番号を振り、本文中の位置を指示すること。

    (4)写真はモノクロでの印刷となる。

    (5)脚注機能を使用せず、入稿時には本文に注番号も含めて記入すること。

    例、「……必要が起こるのであります。」(注15、塩原時三郎「東亜に於ける日本帝国の使命」『文京の朝鮮』1937年12月、30頁。)しかし、……

    •     執筆者による校正は一度(初校)限りとする。校正時の大幅な修正は認めない。

    編集委員会

    •     原稿の採否は編集委員会が決定する。
    •     研究論文と研究ノートは、別に定める審査要領に基づく審査を経て、編集委員会が採否を決定する。
    •     書評は、別に定める書評選考規程に基づいて、編集委員会が採否を決定する。
    •     編集委員会は原稿の内容・表現等について、著者に修正・書き直しを求めることがある。また、編集委員会で用字・用語等について、修正・統一をすることがある。
    •     編集委員会は必要に応じて、会員、非会員に原稿執筆を依頼することができる。

    【重要】
    2020年5月9日のオンライン運営委員会で、以下が決定いたしました。

    2020年6月に開催を予定していた研究例会は、
    新型コロナウイルスCOVID-19の感染拡大をめぐる様々な状況を鑑みて、
    開催中止とします。


    次回の研究例会は、今のところ、
    2020年10月11日(日)に
    東京家政学院大学での開催を予定しております。

    状況が変わりましたら、改めてこの欄で発信いたします。

    【重要】
    2020年5月9日のオンライン運営委員会で、以下が決定いたしました。

    2020年3月8日(日)、9日(月)開催を予定していた
    第23回研究大会は、
    新型コロナウイルスCOVID-19の感染拡大をめぐる様々な状況を鑑みて、
    開催中止とします。


    第23回研究大会で予定していた
    《シンポジウム》
    テーマ:戦後日本植民地教育史研究の蓄積と課題
    ―朝鮮、満洲、南洋群島・南方占領地を中心に―

    については、2020年度の年報
    植民地教育史研究年報 第23号』(2021年3月刊行予定)
    において、紙上シンポジウムとして論考を掲載する予定です。



    なお、2019年度の総会については、
    近日中に事務局からメールで発信いたします。

    植民地教育史研究年報第22号 2020年3月刊行
    特集:戦後台湾の政治・文学と植民地認識
    262b318bab272e3fb408c6e21b88af71

    巻頭言 李 省展

    Ⅰ.シンポジウム 戦後台湾の政治・文学と植民地認識

    発題 台湾戦後史と植民地教育研究の課題 佐藤広美

    戦後台湾の政治変容と日本認識―「脱日本化」・「中国化」から「本土化」へ― 菅野敦志

    戦後台湾文学は植民地時代をどのように描いたか―鄭清文の小説作品を例に― 三須祐介

    戦後における台湾植民地教育史研究 岡部芳広

    討論 シンポジウム「戦後台湾の政治・文学と植民地認識」

     

    Ⅱ.研究論文

    台湾公学校の低学年における国語教授を中心とした「合科的取り扱い」―台北及び台南師範学校附属公学校での取り組みを中心に― 赤木奈央

    モンゴル人に対する蒙疆学院の意義 何 広梅

    台湾公学校用国語教科書における原住民像―「植民地教育」再考の手がかりとして― 合津美穂
     

    Ⅲ.研究ノート

    台湾の高等女学校裁縫科担当教員と奈良女子高等師範学校の関係 滝澤佳奈枝
     

    Ⅳ.研究動向

    私と日本の植民地教育史研究 佐野通夫
     

    Ⅴ.書評・図書紹介

    諸 点淑著『植民地近代という経験─植民地朝鮮と日本近代仏教─』 小島 勝

    神奈川大学日本常民文化研究所非文字資料研究センター「戦時下日本の大衆メディア」研究班 代表・安田常雄編著『国策紙芝居からみる日本の戦争』 松岡昌和

    小林英夫著『田村敏雄伝』 宇賀神一

    中京大学社会科研究所台湾史研究センター編『台湾総督府文書の史料論』 中田敏夫

    小林茂子著『砂糖と移民から見た「南洋群島」の教育史』 清水知子

    陳 虹彣著『日本統治下の教科書と台湾の子どもたち』 滝澤佳奈枝

    山本一生著『青島と日本─日本人教育と中国人教育─』 Ulrich Flick
     

    Ⅵ.資料紹介

    斉紅深の植民地教育史オーラルヒストリー研究方法とホームページの閉鎖─解説と抄訳─ 黒川直美

    「満洲国」民生部『民生』誌・解説と目次集 丸山剛史
     

    Ⅶ.旅の記録

    台湾教育史遺構調査(その11) 白柳弘幸

    二つの時代を生きた台湾人教員─邱忠養先生を訪れて─ 陳 虹彣

     
    Ⅷ.彙報
     
    編集後記
    著者紹介
    『植民地教育史研究年報』投稿要領

    2019年3月に予定されていた刊行が刊行が大幅に遅れ、
    大変申し訳ございませんでした。


    植民地教育史研究年報第20号 2020年2月刊行
    特集:日中戦争と植民地教育の展開

    9784774406770_600
    巻頭言
    「平成の徴用三十四万人」、今こそ植民地清算を 佐野通夫

    Ⅰ.シンポジウム
    シンポジウム「日中戦争と植民地教育の展開」
    日中戦争期台湾の社会教育―国防献金運動の報道を例に― 藤森智子
    第3次「朝鮮教育令」と天皇写真の配付 佐野通夫

    Ⅱ.研究論文
    台南州における内台共学―台南南門尋常小学校を中心にして― 白柳弘幸

    Ⅲ.研究ノート
    「満州国」道徳教科書に見られる国民像と女性像―『修身』と『国民道徳』を中心に― 王雯雯

    Ⅳ.合評 佐藤広美『植民地支配と教育学』(皓星社、2018 年)
    〔報告〕植民地教育を肯定する思想に迫る 一盛 真
    〔報告〕学知としての日本教育学 岡田泰平
    〔報告〕植民地教育研究追究の重要性 小林茂子
    〔応答〕『植民地支配と教育学』の合評に参加させてもらって 佐藤広美

    Ⅴ.書評・図書紹介
    新保敦子著『日本占領下の中国ムスリム――華北および蒙疆における民族政策と女子教育』 山本一生
    レオ・チン著『ビカミング〈ジャパニーズ〉:植民地台湾におけるアイデンティティ形成のポリティクス』 陳 虹彣 
    藤井康子著『わが町にも学校を―植民地台湾の学校誘致運動と地域社会を』 中川 仁

    Ⅵ.旅の記録
    中国の二つの戦争記念館を訪ねて―中国人民抗日戦争紀念館と第731 部隊罪証陳列館― 田中 寛

    Ⅶ.資料紹介 
    満洲鉱工技術員協会編『鉱工満洲』誌目次集(2) 丸山剛史

    Ⅷ.彙報

    編集後記
    著者紹介
    『植民地教育史研究年報』投稿要領

    ↑このページのトップヘ